丁寧に心豊かな日々を暮らしたい・・・・


by LesSylphides
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今月のceleb-kitchen

毎月楽しみにしているceleb先生のお料理教室


先生が最近求められたという素敵なお皿がテーブルに用意されていました。

b0218881_20423273.jpg



今月の献立
 ・鮭のハーブフライ
 ・きのこの和風シチュー
 ・ロミロミサーモン
 ・柿とごぼうの和え物
 ・先生お手製の鮭ご飯


b0218881_20454441.jpg
b0218881_20455571.jpg


ご一緒させていただいたの初めての方ばかりでしたが、
お料理のお話はもちろん、ちょっと心ときめく(?)楽しい話でもあり、
リラックスムードでのランチ、いえ、レッスンでした。

そして最後は先生お手製のシフォンケーキ。
ミルクティーとともにいただきました。

b0218881_20501863.jpg



まるでお洒落なランチにいっているようですが、
一応、ご報告、その日のうちにおさらいいたしました!!
おさらいはお料理のみで盛り付け方やセッティングはパス。
お洒落感はゼロでした。
本当はここもしっかり身につけたいところなのですがね。
[PR]
by LesSylphides | 2011-10-26 20:53 | お料理

リメイク その2

キャロットケーキ
ヘルシーで安心して食べられるし、
子供たちも生クリームたっぷりのものより好きみたい。
b0218881_19471355.jpg




お腹すいたと言う子供に用意した玄米フレーク。
それなのになぜかテーブルに放置したまま自分の部屋へ。

小一時間ほどだった頃、
なに、これ、やばーい!! きもーい!!」という息子の声。

毎日「天声人語」と「社説」を切り抜いてあげているのに
あなたの語彙はそれだけー!!
というつっこみはおいておいて・・・・


放置された玄米フレークは牛乳を吸い、
どろどろの気持ち悪いものに。
とても口には入れなれそうもない感じ。


捨てようかとも思ったのですが、
一口もつけず生ごみというのは罪悪感。


そしてやってみたのがこのリメイク。


レシピ(?)
 ・泥状化フレーク
 ・卵
 ・はちみつ
 ・小麦粉
 ・にんじんすりおろし
 ・溶かしバター
 ・シナモン
 ・くるみ



原材料の正体を知らない子供たちは
いつものおからキャロットケーキのつもりで食べていたようです。
食べ物を捨てるという罰当たりなことしなくてよかった・・・・
[PR]
by LesSylphides | 2011-10-23 20:11 | お料理

リメイク

カラー診断というものを初体験。
肌の色や瞳の色などから、その人に合う色を見るものらしいのですが、
その結果、私に似合う色はパステルピンク、パステルブルーなんだとか。

白、黒、ベージュ、グレイが中心のワードローブの私には
衝撃の結果!!

特に黒はとっつきにくい印象を与えるのだとか。


気にせず好きなものを着ればいいのですが、
聞いてしまうと気になってしまうもの。
それでも、パステルピンクというのは・・・
甘すぎませんか?ぶりぶりの気持ち悪いおばちゃんになりませんか?

そしてこの季節、そんな色の洋服を探すのは至難の業。
シックな秋色がほとんど。

やっと見つけたのが、最近NY5番街進出を果たした
あのお店のTシャツ。


学年対抗で争われる子供の体育祭。
学年カラーのものを身につけて応援される保護者の方も多く、
うちの学年はピンク。
ここでならピンクデビューもできそう。


購入したTシャツを着てみると、あまりに無愛想。
で、ちょこっとリメイクしてみました。


b0218881_18133148.jpg



「え~、やめてよ~」と子供からはダメだしでしたが、
同年代には意外にも好評。
歳とると可愛いものに魅かれるようになるんでしょうね。
[PR]
by LesSylphides | 2011-10-21 18:18 | 手作り

筋肉の衰え??

タイトルからバレエネタのようですが、そうではなく、
最近、とても涙もろい・・・という話。


子供を産んだ頃から感じてきたことだけれど、
最近特にひどくなってきている気がするのです。


映画館で泣いてしまうなんて言うのは困らないけれど、

学校の保護者会の先生のお話でもうるっときてしまったり、

電車で本を読んで涙ぐんでしまったり。

TVのニュースなんかも泣きどころ満載。


朝から新聞の投稿欄を読んでは涙し、
時には号泣。
そんな時に宅急便屋さんなんかが来たりして、
真っ赤な目と鼻で出ざるを得ない。
この奥さん、朝から何があったんやろ?と詮索されてしまいそうな顔。


受験のための学校説明会で、
知らない学校の知らない生徒たちの純粋そうな様子を
流すビデオにもやられてしまった。
こんなところで、涙してる人なんかいない!


本当に恥ずかしくて、
別のことを考えようとしてみたり、
上を向いてみたり、
目がかゆい振りをしてみたり。

困ったものなんです。


もちろん多少心が動いているのだけれど、
心の動き以上に涙腺が反応してしまうようなのです。
正直それほど感動しているわけでもないのに、
じわーっと目がうるんでくるのです。
他人から見るとすごく感動屋さんに見えるのか、
情緒不安定に見えるのか。
どちらにしても、私の心の中とはちょっと違う感じ。


友人にその話をしたところ、
涙腺周りの筋肉の衰えだったりして、などと言われてしまいました。


なるほど

ということは筋肉を鍛えれば、
このような状況に陥ることもなくなるのでしょうか・・・・?

それはさすがに無理があるか。


最近、目の衰えも感じるようになってきているのですが、
意外にも、こんなところにも老化の波が押し寄せてるのでしょうか・・・・

[PR]
by LesSylphides | 2011-10-20 10:16 | あんなことこんなこと

神戸観光

東京からのお客さんと一緒に神戸観光。
神戸港から明石大橋までを往復するコンチェルトのランチクルーズへ。

b0218881_2117174.jpg



お食事をいただきながら、

b0218881_21211518.jpg



海から神戸を見るのはとても新鮮。
山をバックに街がありやっぱり神戸はいいな。


神戸港には川崎重工と三菱重工の造船所があるのですね。
そこで気になったのは潜水艦。

b0218881_2122173.jpg


平和に見える日本ですが、
潜水艦も必要なんですね。
戦闘機も新しいものを購入するという記事も新聞に載っていましたしね。
潜水艦も戦闘機も映画の中の物のように思っていましたけれど・・・・


明石大橋付近まで行くと、淡路島もすぐそこ。
ちょっと曇っていて写真にはうまく写らなかったのが残念。

ピアノの生演奏とお食事と海と山。
地元ではあるけれど、観光気分を楽しんだ一日でした。


b0218881_21345185.jpg

[PR]
by LesSylphides | 2011-10-17 21:35 | あんなことこんなこと
娘の秋休み。
京都観光にに誘ってみたところ、お寺は嫌だという高校生らしい残念な回答。

お寺が嫌なら、平安神宮にしよう。
これで、娘が納得したか分からないけれど、
とりあえずついて来てくれることになりました。


私の平安神宮のイメージはあの大きな朱色の鳥居です。
圧倒されるような大きさと色鮮やかな朱。

今回はちょっと違う平安神宮を見て参りました。


平安神宮に広い庭園があるのをご存知でしょうか?
庭師の小川治兵衛作だそうです。

b0218881_20492510.jpg



同じ小川治兵衛作の庭が、並河靖之七宝記念館にあります。
琵琶湖の疏水を利用した庭です。

b0218881_2131576.jpg


b0218881_2055944.jpg



並河靖之は明治から大正にかけて活躍した七宝家だそうです。、
花鳥風月や名所図をモチーフとした精緻な画を有線七宝で描き、
特に海外で評価を得、その作品の多くは海外に渡ってしまい、
日本に残っているものは少ないのだそうです。
こちらの記念館では、ボランティアガイドさんが七宝焼きや庭園について
説明してくださいました。
自分達だけで見ていたら、あっさり見るだけに終わってしまったでしょうが、
ガイドさんのお陰で、ゆっくり見て楽しむことができました。


お昼の手桶弁当。

b0218881_218036.jpg



平安神宮から白川に沿ってずっと歩いてみました。
小さな川で風情があります。
三条を過ぎると、西に向きを変え、東大路、花見小路を過ぎていきます。
花見小路から川端通までの間には、骨董屋さんが多くあります。
敷居が高いようで、入る勇気はなかったのですが、
路地から眺め、少し高尚な気分に浸りつつ、四条に出ました。

もうで足も痛くてくたくたでしたが、
お寺を見ない京都を満喫してきました。
[PR]
by LesSylphides | 2011-10-13 21:20 | あんなことこんなこと

何年越しでしょう 

作り始めたけれど、長らく放置してしまっているもの。

このクロスステッチもいつ刺し始めたのかも覚えていない。

b0218881_6572746.jpg



放置の理由、
多分頭の中でいだいていたイメージと実際に作り始めたものと違っていて
なんか趣味じゃない、ということなのでしょうね。

このクロスステッチ、
女の子(多分妖精)の衣装が白なのに、布の色が薄すぎて白が見えない。
刺し始めてから気付いてしまったのです。
これもバレエモチーフなので、衣装の色を変えることはできないし・・・・


数年放置されていたのを仕上げることができたのは、
「ちくちくしよう」というご近所さんのお誘い。

しばらく手作りから遠ざかっていたので、
持っていける手仕事もなく、
引っ張りだしてきたのがこの刺繍。

お陰で仕上げることができました。

白の衣装の周りに薄い水色で囲むことでなんとか輪郭が見えました。
仕上がるとやっぱりうれしいものです。
「ちくちくしよう」誘ってくれてありがとう。
[PR]
by LesSylphides | 2011-10-01 07:15 | バレエモチーフ