丁寧に心豊かな日々を暮らしたい・・・・


by LesSylphides
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大好き京都 ~泉涌寺~

京都のどこがいいのか、上手く言葉にはできないけれど、空気が好き、
そんな人も多いのでは。

私もそんな一人です。

鎌倉も風情があるし、永平寺の神聖な感じもよかった。
でも、なぜか京都は落ち着きます。
京都の風情は京都しかないような気がしますね。


久しぶりの京都。
今回は東山の麓にある泉涌寺に行って参りました。
東大路から泉涌寺道を入り小道を進んでいきます。
歩くと15分くらいでしょうか。
閉口する暑さの京都ですが、
山の麓に近付くと空気も澄み、木々に囲まれ涼しく感じられます。
大門を抜け、少し下った真正面に仏殿があります。

b0218881_20361080.jpg


広い境内には、仏殿の真後ろに舎利殿、御座所とつながった本坊が配置されています。
東山の懐に抱かれたような神聖さを感じる御寺です。


泉涌寺別院の雲竜院では写経ができるとのこと。
せっかくだからと写経することに。

写経部屋(?)の龍華殿にと通され、
写経前のお清めというのをしました。これは初体験。

一 丁字(クローブ)の茎を口に含む。これを含んだまま写経します。
二 塗香(ずこう)を手に塗って、殺生などの行為を清める。
     よい香りのする茶色い粉でした。
三 酒水(しゃすい) 清水をそそいで心を清める。
       清水につけた細長い棒を頭に持っていかれました。


写経は、薄く書かれた般若心経を朱の墨でなぞる、というものでした。


さぞや集中した時間を持ち心落ち着くもの、と思っていました。
が、しかし、私の感想はというと、
意外に苦行だ・・・・・


短い写経は何度か経験ありですが、
こんなに長いものは初めて。
B4の紙にびっしり漢字が並んでいるので、とにかく時間がかかる。
久しぶりのお習字で楽しいような気がしたのは最初の二行くらい。

書道に親しむという教養のない私は、
小筆が次第に太くなっていき、字が乱れていくし、
慣れない正座で足の血は止まってしまったようだし、
書いても書いてもまだ続きがある・・・

ゆっくり丁寧に書いてみたり、筆の角度を変えてみたり、
達筆風にさらさら書いてみたりして、
変化をつけて乗り切ろうとしても、まだかまだかという気持ちばかり。
こんなことばかり考えているのだから、
集中とか有難いとか、そんな気持ちには当然なれず、
ほとんど苦行。

かれこれ一時間くらいかかったのではないでしょうか。
他にも写経されていた方が何人かいらっしゃいましたが、
みなさんどう感じられていたのでしょう。

一緒に写経した夫の感想はといえば、
不愉快・・・・・
やはり筆が太くなり、何を書いても字が墨で埋まってしまい汚くなったと。
頑張っても丁寧に書いても。
そういえば俺は書道の授業が苦手だったんだと思いだしたとか。


なかなか清らかな心になれない私達でした・・・・・


b0218881_21465655.jpg



まるで楽しくないように聞こえてしまいますがそんなことはないんですよ。

b0218881_21485966.jpg


これは「悟りの窓」。
悟りとは遠いものの、こんな風景や苔の美しい中庭を見ながら、
お抹茶をいだだき、心地よい時間を過ごして参りました。
[PR]
by LesSylphides | 2011-08-30 21:52 | あんなことこんなこと

おうちレッスン考

キッチンを片付けるに当たって考えてみました。


まず、どのようなおうちにしたいのか?  
  ⇒ ぱっと見た時に、物が出ていないすっきりとしたお部屋。
     さよ先生のキッチンは私の理想ですね。

次に、今のキッチンの悩みは?  
  ⇒ シンク下収納が上手く使えていない。
  ⇒ 食品ストックの場所がはっきりせず、ばらばら。
  ⇒ 好きな器を買い足したくても収納場所がない

何となくすっきりさせたいと思うのではなく
頭を整理することで、とるべき行動がはっきりした気がします。


① 開き戸式のシンク下収納は前後を上手く活用すべき
   ⇒ 奥はあまり使わないもの、手前に日頃使うもの。
     (長年使っているとそれが曖昧になってしまっていました)
   ⇒ まずは収納したいものの量を知る。
     (全部出してみました)
   ⇒ 収納スペースを知る。メジャーで測る。
     (こういうことが面倒で苦手でしたが、この際!!)
② 開き戸の扉部分の活用
   ⇒ 扉の内側に収納ラックなどをつける。
③ ありああわせで積み重ねていた食品ストックのための収納用品を用意。

そして奮闘!
扉をあけるとすっきり見えるシンク下になりました。


これで大満足、のはずだったのですが、
扉を閉めてみると、今までの我が家のキッチンと変わらない感じ・・・・
それはそうですよね、片付けたのはシンク下や吊り戸棚の中なのですから。


理想のキッチンが手に入ったわけではなかった・・・・・こんなに頑張ったのに。


なぜなのか?

すっきり片付いたはずのキッチンを見まわすと、
我が家のキッチンは先生のおたくのような計算されたシステムキッチンではなく、
昭和の香り漂う台所で、色々な機能が後付けされ、
その配管などが見えているからなのです。
でもどれも必要なもの。取り除けるものではないのです。


頑張ってからこんなことに気づくなんておバカさん。
一目見れば分かりそうなものを!


そこで、発想を変え、
見た目すっきりは諦め、使い勝手のよいキッチンを目指したことにしよう。
そう思うと、今回の頑張り、
とても価値のあるものに思えてきたりもしました。

 

一人でシンク下の扉を開けてみてにまにましたり、
子供達をキッチンに呼び寄せ、扉の中を披露したり、
なかなか楽しんでいるかもしれない私です。


b0218881_1623438.jpg

[PR]
by LesSylphides | 2011-08-16 16:24 | あんなことこんなこと
b0218881_8465794.jpg



すっきりしたキッチン

美しいでしょう。

残念ながら我が家のキッチンではございません。


「ちいさいおうち」さよ先生のおうちレッスン・キッチン編に行って参りました。

同じ4人家族とは思えないすっきりと片付いたお宅にまず感動。


この快適空間でレジュメを見ながらのさよ先生の整理収納の講義。
と言っても気さくな先生なので、
参加者それぞれの片付けのお悩みを取り上げつつ雑談を交えながら、
ポイントを教えていただきました。

その後、これこそ「リアルちいさいおうち」、
実際にキッチンの収納を惜しげなく見せて下さいました。


驚いたのは物の量。
こんなにすっきりいたお宅ならさぞや物が少ないことだろうと思いきや、
意外にも調理器具は多い
「きゃ~、可愛い~♥」女子ならみな喜いキッチン用品が信じられないほどあるのです。
それでも工夫次第で、きちんと収まっているだけでなく、
視覚的にも美しく楽しく収まっているのです。


「不要なものは取り除く」
これは鉄則ではありますが、全てを排除しては日々の生活を楽しむゆとりは出てこない。

要は、自分のため家族のため
気持ちよく暮らすための工夫をすることが大事なのだと感じさせられました。



最後のお楽しみ、さよ先生がこんな風に私たちをもてなして下さいました。


b0218881_9563785.jpg




そしておしゃれなおまけも。

b0218881_9582936.jpg


こんなピックならお食事の用意も楽しくなるはず・・・・・??

そしてレッスン受講後の我が家のキッチンにどのような変化が・・・・??
[PR]
by LesSylphides | 2011-08-13 08:52 | あんなことこんなこと

バレエ脳

バレエを始めると、自分の身体と向き合うようになります。


バレエダンサーが美しいのは、
常に身体の軸から放射状に身体が引っ張られた緊張感から来るものなのではないかと思います。
もちろん、プロは抒情だったり、超人的な技術を持っているのですが、
基本は身体の使い方なのではないでしょうか。


こんなド素人の草バレエですが、
少しでも上達したいと常日頃から願っているもの。


で、ついつい道を歩いていても、
自分の軸はどこだろうとか思いながら歩いてしまうんですよね。


特に、駅からの帰り道(行きはいつも慌てて走っているので他のことは考えていない!!)。


足指を伸ばして

骨盤を浮かせて

座骨を集めて

首は背中の後ろに感じる


こんなことを考え、考えるだけでなく、つい実践しようとするので、


足指伸ばすってこんな感じ?とか

座骨を触ってみる、とか、

お腹の前後を手で挟んで骨盤を引き上げてみたり、とか


気がつけばかなり変な人になっています。

はっとして、慌てて周りに人がいないか確かめてみたりして。


電車の中でも、ついつい座骨をさがしてしまう。
これって、外からはただお尻を触っている人・・・・・
考えながら自分の身体を感じているので、
目が上目使いになっていたり・・・



初めての舞台の時は、
電車の中でも携帯音楽プレーヤーでいつも音楽を聴き、
イメージトレーニング・・・・

のはずが、


そう、足は微妙に動き出し
顔も振りつけ通りに微妙に動き出し

気がつくと、前に座っていたカップルが私を見て笑っていた・・・


そりゃあ笑うだろうなあ、
私だって、リズム取るだけでなく頭まで振ったノリノリのおばちゃん(に見えたことでしょう)を見たら笑うもの。

きっと私が下りた後、思いっきり話題にされたことと思います。


こんな恥ずかしいほどではなくても、
バレエをされている方は、みなさん経験あるのでは。

バレエブログ友のmomoyellowさんは
これを「バレエ脳」と称していらっしゃいます(笑)

[PR]
by LesSylphides | 2011-08-10 21:29 | バレエ

季節の香り

土用といえば、うなぎですね。
でも、それだけではない、梅仕事の土用干し。
お塩で漬けておいた梅を土用の頃に3日干すのですが、
今年は風邪ひいたり東京行きがあったりで、
8月に入ってしまいました。

b0218881_205730100.jpg


梅初心者かつ研究熱心でない私には
干すことの効用だとか上手な干し方など分からぬまま
梅購入時の添付のしおりの通りに干しているだけ。

なんだか皮が硬いようなのだけれどどうしてよいかも分からず、
これから柔らかくなるのかもうだめなのかも分からず、
とりあえず干してみています。
どうなることやら・・・・・
なんかカリカリ梅っぽい。

以前梅干し作りをしていた友人が「梅ちゃん」と言って
可愛がっていました。
私、可愛がってあげてない・・・・
梅がヘソ曲げてしまっているかしら。
なんでも愛情かけなければね。
農家の方のブログなどを拝見しても愛情感じられますものね。


そして、こちらは友人の北海道のお土産、
ラベンダーのポプリのついたティッシュケース。

b0218881_217177.jpg


爽やかな香りの便り、ありがとう。
[PR]
by LesSylphides | 2011-08-09 21:08 | あんなことこんなこと

楽しまなければ

バレエを習っていることを話すことのハードルの高さについて
以前書いたことがあります。

発表会に出るということもまた精神的ハードルが高いものです。
技術的にはもちろんなのですが、
それとは別に出演に対する精神的なハードルです。


美しいイメージのバレエなのに自分のバレエはまるで違うぶさいくなもの。
それを人目にさらすことのつらさ。

パンフレットの写真からしてつらい。
可愛らしい子供や綺麗なお姉さん達に混ざっての
大人クラスの写真。
ここだけギャグかと思った
これは去年の夫のコメント。
ひどーい!!でも、言えてる!

軽そうに踊っている子供たちと比べて、
私の踊りは何と重くよたついてることか・・・・


そして大人クラスはレッスンが少ないので
どうしても練習不足のまま当日をむかえてしまう恐ろしさ。

だいたいこんな歳して何を頑張ってるんだ


のんびりした性格で夫から見ても悩みがなさそうに見えるらしい私なのですが、
なぜかバレエに対しては弱気。
人目を気にする悪い癖
人と比べるこれまた悪い癖
むくむくと出てきてしまうのです。

そんなにぐちぐち言うならやめればいいのだけれど、
やっぱり好きでやめられない。
なら、こんなハードルも乗り越える以外ないのです。

結局いつも舞台の目標は「楽しむこと」。
なんとハードルの低い目標か・・・・


b0218881_23283373.jpg

[PR]
by LesSylphides | 2011-08-05 23:29 | バレエ

誘惑の小道

住宅街の一角から賑やかな所に移った夫の住まい。

駅からの道は商店街が続いてる。

モンゴル料理だの、パスタ屋だの・・・・・

郊外の住宅街にばかり住んでいる私にはどれもこれも物珍しく見えてしまうのです。


引越し当日の昼食

「ソウルの台所」  
単純なネーミングに韓国料理もどきかなと思いつつ入ってみたら、
なかなか美味しい韓国料理でした。

b0218881_223821.jpg

b0218881_22383387.jpg

























その先には・・・・


b0218881_22412548.jpg








これは素通りできない。
で、お買い上げ。

b0218881_2242784.jpg

























揚げたてのカレーパンをお店の外で売っているお店も。
もうお腹に入りそうにはなかったので、そこはパス。
でも気になってしょうがないので、次回はきっと・・・


まだ誘惑は続く


b0218881_2244557.jpg

b0218881_22442820.jpg


































夏風邪でちょっと軽くなったかなと思った私の身体。

この数日間ですっかり元通り。
発表会まであと1カ月なのに。
そしていつもの有言不実行「痩せなきゃ!」・・・・
[PR]
by LesSylphides | 2011-08-03 22:53 | あんなことこんなこと

永遠の二十歳・・・

今回の上京は夫の住まいの引越しの手伝いだったのですが、
それも無事終了。

楽しみにしていたのは学生時代の友人たちとのランチとおしゃべり。

恵比寿ガーデンプレースの38階の「吉祥」で待ち合わせ。
会うなりおしゃべりに花が咲いてしまいます。
多分とても美味しいお食事だったはずなのですが、
味わうのもおろそかになるくらい話がはずみました。


眺めのよいお席で、これぞザ・東京の
東京タワー、スカイツリーも眺めることができました。
六本木ヒルズやミッドタウン、遠くには多分レインボーブリッジ。

そして何より、私たちが青春(あ~歯が浮きそう!)を過ごした
キャンパスが見下ろせたのでした。


何年ぶりにあっても昔と変わらずいられる大事な友人達。
永遠に二十歳・・・・

こういう友人に恵まれたことに感謝です。


b0218881_1126321.jpg



いつもながらなんとセンスのない写真ですが。

友人からのロブションのジャムとタピシエールのタッセルです。
ジャムは早速朝食にいただきました。
この綺麗色のタッセル、何につけようかしら。
[PR]
by LesSylphides | 2011-08-03 11:31 | あんなことこんなこと