丁寧に心豊かな日々を暮らしたい・・・・


by LesSylphides
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

発表会裏

緊張の舞台でしたが、楽屋では意外と楽しいものでした。

朝9時に楽屋入り。
すぐにメイクを始めて、できたら空いている場所で各自アップ。

メイクが意外と楽しいものなんですね。
子供はアシスタントの方々がメイクをしてくださいます。
今までは私もその子供の列に並んでやっていただいていたのですが、
今回、注意書きを見ると「高校生以上は自分で!」とあり、
さすがに初めての舞台でもないので並ぶわけにもいかず、
自分でやってみました。

まずは地塗り。
しっかりしたファンデーションを塗り、
濃い茶色のシャドウで鼻立て(ノーズ)をいれます。
それだけでちょっと舞台っぽい。

アイシャドウは茶色、ピンク、白、ブルーなどを入れ、
つけまつげは目の際でなく、目から少し上につけます。
つけまつげの上にリキッドでラインをひき、
目尻はまつげっぽくラインを2,3本描くのです。
もうこの時点ですっかり舞台メイク。かなり怖い・・・
そしてバレエでは下まぶたにもラインをひくのです。涙袋の下くらいに。

で、こんな感じ。(雑誌の舞台メイク特集より)
b0218881_10115997.jpg



楽屋は中学1,2年生と同じ部屋。
子供達って、お化粧のりが全然違うんですよね。
私なんかラインを引こうとすると、張りがなさすぎて、がたがたに。悲しい。
時間がたった時のお化粧の崩れ方も違う。
そんなことを大人同士で話していたら、
一人の子が「そんなことないですよ~」なんて気を遣ってくれたりする。
可愛いもんです、中学生は。
あなた達もウン十年後には、バレエで一緒だったあのおばさんが言っていたことが
分かるようになるのよ、今はきっと意味分からないでしょうけれどね・・・

すごく緊張感で張り詰めた雰囲気はなく、和気あいあい。

ゲネプロがプログラム順にあるので、自分の時間だけを確認しながら、
空いた時間には腹ごしらえをしたり、ストレッチしたり、おしゃべりしたり。
子供た達はお菓子を回しあいっこして、私達にもくれたりするのも楽しい。

「コッペッリア」に全幕出る子達は忙しい。
ハイテンションでばたばたと廊下を走り、アシスタントの先生にお説教されたり。
その瞬間シュンとするけど、また忘れて走ってる!
懲りない子達、可愛い!

こんな楽しい感じであるけれど、舞台袖に行くとみんな緊張で手を握りあったり、
円陣組んでテンション高めたり。

プロを目指す子はごくわずか。
殆どの子は好きで習っているのだけだと思うけど、
みんな本当に真剣で、一所懸命なのですが、伝わってきます。

最後に幕が下りた時には、子供達は安堵と充実感をかみしめ抱き合っている。
主役の中学生(発表会10回目では大きな役がいただけるのです)は
感極まって涙が。

こんな舞台裏を一緒に過ごせるなんて幸せです。
[PR]
by LesSylphides | 2011-09-17 10:41 | バレエ